QLOOKアクセス解析
■株式会社ビーアイ様より、
『石原博光の不動産投資最新ノウハウ集2013年版』ダウンロード版販売中!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

0101.jpg



■第1段『石原博光の不動産投資最新ノウハウ集』もダウンロード版好評販売中!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

bi_info.jpg


■株式会社ファーストロジック様より、
『〜8人の成功者による不動産投資ノウハウ完全版〜 8つのステップ』販売中!


2008年05月13日

不動産投資 防水工事 非破壊検査


 1日1回のクリックをいつも有難う御座います!!!

日々のモチベーションアップに、人気ブログランキングにご協力頂けるとうれしいです。


ブログ、19日目です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「5月13日」の 20:40 現在のアクセス分析によると、

●本日の訪問者数 126人
●PV(ページビュー) 859人
●同日中の最高順位 48位 ↓◆このブログのお値段は 7916円 →

右側ブログランキングカウンター → INPOINT → ¥マーク をくりっく

です!!!

※最近取り付けたカウンター表示人数とリンクしていないのですが、
コンピューターに不慣れな為、原因が分かりません。申し訳ありません。

------------------------------------------------------------
「5月12日」の 23:59 現在のアクセス分析によると、

●本日の訪問者数 169人
●PV(ページビュー) 1455人
●同日中の最高順位 40位 ↑

でした!!!
------------------------------------------------------------
「5月11」の 23:59 アクセス分析によると、

●本日の訪問者数 163人
●PV(ページビュー) 1107人
●同日中の最高順位 45位 ↑


でした!!!
------------------------------------------------------------

今日も曇って曇りいましたね。
へんな天候が続きます。
私はcoffeeが大好きで、よくお店に立ち寄るのですが、最近は知人から頂いたプレゼント
BROOK'Sのドリップバッグにはまっています。
封を切ったときのあの香りが何とも言えない幸せの瞬間です。
安上がりな人間なんです。
あとなぜか湿度の高い日(雨雨とか・・)に入れるコーヒーは、味が変化して
味わい深くかんじますが、これって私だけでしょうか・・・?
ちなみにストレートで飲みます。
あと近所のカフェにあるオーガニックコーヒー¥330−もお気に入りハートたち(複数ハート)です。

------------------------------------------------------------


本日の気になるニュースから


抜粋記事

コンクリ片500キロ落下・山陽新幹線、山口の高架橋から・・・

・・山口県宇部市吉見、山陽新幹線新山口―厚狭間の「下岡第1高架橋」の柱
から、重さ約530キロのコンクリート片が落下していたことが13日、分かった。
けが人や運行への支障はなかった。・・・

・・JR西日本は、柱に染み込んだ雨水で内部の鉄筋が腐食して膨張、
コンクリートにひびが入った可能性もあるとみて詳しく分析する。

                                          以上



↑  お得意の「短絡思考」でちょっと考えてみます。  ↑


コンクリートつながりってことで、、、


都心では空中に浮いている首都高の下は、たいてい一般道(通称:下道)です。


よく下道を走りますが、夜半にはその空中道路を支える橋脚の補強工事が
盛んに行われています。


工事部隊がまだ手をつけていないエリアを通るときに、ふと「この瞬間に
巨大地震がきたらどうなるのだろう?」と思いにふける時があります。


さらに、信号で停止する時に真上が歩道橋だと、落ち着きません。


トンネルの中で渋滞にはまると、これもたまりません・・・


そーです。おくびょーなんです。


話がそれてしまいましたが、ご紹介させていただいた記事のような出来事は
なんだかしょっちゅう起きていますよね。


他人事ではありません・・・


皆さんが所有する物件でも、大規模修繕計画などに従って10年〜のスパンで
定期的に防水工事を行っていると思いますが、水の進入経路はちょっと
思いつくだけでも屋根部分の劣化やコーキングの劣化、排水管につながる
ドレン部分、あとクラックからとか、、
挙げるときりがありません。


例えば、今回の事故をなぞらえてRC(鉄筋コンクリート物件)の
「コンクリート」にひびがあるとします。



普段ひとがあがれない陸屋根なんかだと、地震とかでクラック(ひび)が
はいってもなかなか気が付きません。



雨水が浸入します。



長年の侵食で水分が鉄筋部分に到達します。



鉄筋が腐食すると体積が膨張します。



内部からコンクリートを押しのけて、、「爆裂現象」を
引き起こします。



コンクリートを浮かせます。



さらに空気が入って鉄筋を腐食させるという悪循環を招きます。



崩壊する可能性があります。



こうしたメカニズムを理解することによって、改めて、「防水工事」の大切さが
わかりますね。ただ単純に「雨漏り」することを防ぐだけではなくて、
こうした修繕をさぼっていると、「壁の崩落」や下手をすると、「躯体の寿命を
縮める」だけに留まらず、「ひとの命を奪う危険性」もはらんでいるんですね。



それにしても水のちからって“偉大”です!!

------------------------------------------------------------


「関連して詳しい記述がありました


ので、備忘録として以下の通り。」 




鉄筋は酸性に弱く、水や空気にさらされると腐食します。
それを防止するため、コンクリートのアルカリ性が必要で、
鉄筋はコンクリートのかぶり厚さで腐食を防止しています。

ところが、建設業者はこの理屈を十分知っていながら、
人の目に触れないところは建築施行令第79条に定められて
いるコンクリートのかぶり厚さを守ろうとしません。


・・・って、おいッどんっ(衝撃)



施行令第79条は次のように規定しています。

『耐力壁、柱、梁は3センチメートル以上、直接土に接する壁、
柱、床、梁、布基礎の立上り部は4センチメートル以上、
基礎にあっては6センチメートル以上』

------------------------------------------------------------

非破壊検査」というものがあるのを、みなさんご存知でしょうか?

きっと聞いたことがあると思います。

私もきいたことがあるだけです。ちょっとぐぐってみました。



非破壊検査」とは??(抜粋記事

検査対象物(材料、機器、建造物など)をキズつけたり、破壊させたりしないで、
それらの性質、状態、内部状態、内部欠陥などを調べる検査で・・・

・・・放射線の照射により、物体の内部構造を検査し、内部の異常を検出
する方法です

                                    以上

                                   
つまり、このような検査方法を用いることによって、事前に怪しい箇所を調べることも
出来るということなんでしょうね。


科学の技術ってすごいですね。



ちなみに、先日の事件

横浜で、川底から放射性物質「イリジウム」発見

          =住民への影響なし−非破壊検査盗難


で、このことを思い出しました。

------------------------------------------------------------

物騒な世の中だから、自分の身は自分で」っていっても、不可抗力的な
事故や事件が多すぎると感じます。


それでも犯罪発生率は1万人中

アメリカ NY 350人〜450人
アメリカ セントルイス 1400人
ジャパン 大阪 2〜3人


二日前のディスカバリーチャンネルで小耳にはさみましたー。


------------------------------------------------------------




 1日1回のクリックをいつも有難う御座います!!!

日々のモチベーションアップに、人気ブログランキングにご協力頂けるとうれしいです。



- to be continued -


posted by 恵比寿のI at 21:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
もしかしたらその番組、私も見たかもしれません。

それはさておき、建物の構造とかに造詣が深いですよね。非常に勉強になります。

どのようなものから知識を吸収しているのですか?
書籍?
人とのお話?
それとも実は建築士?

差しさわりのない程度で教えてください。
Posted by 星輝 at 2008年05月13日 23:47
いつも拝読いたしております。
2年ほど前に外壁塗装と屋上防水実施しました。
FRP塗装して脱気塔つけて長尺シート貼って。。
そこであるひとつの疑問が。
土に埋まっている基礎の部分ってどうなんでしょうか?
営業のかたに聞いてみたけどなんて答えていただいたか
憶えていません。あまりの愚問で答えてくれなかったのかな?

私もおくびょーです。
駅の階段とか下りのエスカレーターきらいです。
年とってからますますビビリです。

Posted by kamochan at 2008年05月14日 10:31
建物のことを理解しているでどうかで、維持コストパフォーマンスが全然違いますよね。こちらも東京と千葉で大家やってます。よろしければいらしてください。
Posted by ナオ at 2008年05月14日 13:10
星輝さん、番組では日本人が日常的に酒のつまみにイナゴの佃煮やハチの子を食しているみたいな構成で世界に紹介されていました。日本人が一番びっくりですね!!外国人のレポーターは、イナゴをほおばりながら、ペストコントロール(害虫駆除)のCMに出れると喜んでいたのが印象的です。

>建物の構造とかに造詣が深いですよね。

ミミに心地よい響きですね〜。
しかし残念ながら全くもって詳しくありません。(爆)ですから仕入れた知識や気付きを忘れないように、こうして日記に残しています。ソースはブログ、書籍、勉強会、あとインターネットといった所です。

これからも様々な情報交換を、お願いします!!!
Posted by 恵比寿のI at 2008年05月14日 17:39
kamochanさん、いつもありがとう御座います!!!
2年前に大規模修繕を終えたとのこと、私も同時期に任売で仕入れた1棟をリフレッシュしましたので、お互いにたいへんでしたね。また機会がありましたら詳しく教えて下さい。

>土に埋まっている基礎の部分ってどうなんでしょうか?

鋭いご質問ですね!私もいち大家としての経験から蓄積された知識しか持ち合わせていませんので、詳しくは専門家に伺って下さいね。

知りえた知識では、床下点検口からもぐって内側から確認する方法と、外側については、地面との取り合いからの立ち上がり部分について、やはり目視でひび割れを確認する方法です。構造クラック(0.4mm以上の大きなひび割れ ← 目安)を見つけたら、付近を掘り返して確認する方法があると認識していました。


どなたか、この件についてお分かりになったら、コメントして頂けませんか〜??


kamochanさん、頼りない回答で申し訳ありません。

あとおくびょー仲間が見つかって嬉しいデス(笑)



Posted by 恵比寿のI at 2008年05月14日 18:18
ナオ様、お越しいただきまして有難う御座います!!!

おっしゃる通り、維持コストひとつとっても経営収支に大きく関係してくるだけに、建物を理解することに努めることが、自らを助けることにつながるのでしょうね。

大局的に事業の流れを理解していないことが、投資難民を輩出しかねない「危うい問題」のかなと思います。

まだまだ勉強中です。

これからもよろしくお願い申し上げます。


Posted by 恵比寿のI at 2008年05月14日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。