QLOOKアクセス解析
■株式会社ビーアイ様より、
『石原博光の不動産投資最新ノウハウ集2013年版』ダウンロード版販売中!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

0101.jpg



■第1段『石原博光の不動産投資最新ノウハウ集』もダウンロード版好評販売中!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

bi_info.jpg


■株式会社ファーストロジック様より、
『〜8人の成功者による不動産投資ノウハウ完全版〜 8つのステップ』販売中!


2012年04月19日

『豊富なご経験』『天井裏に迷い鳥』RIG音声サービスID』『RIGすごい投資』『DVDを発売中!!』『RIGーPTS』

↓ 応援クリックをお願いします! ↓

banner2.gif
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログ、312日目です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<buy + business & hold というスタイルで投資を考える>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一作目3版7千部:好評発売中!

購入特典は「これで完璧!管理会社に聞くことリスト」


二作目(電子書籍化決定)12版3万6千部:好評発売中!


三作目(最新作)初版8千部:好評発売中!

※出版のご挨拶はどうぞこちらの記事を御覧下さい。
------------------------------------------------------------------
『豊富なご経験』

某住宅販売会社(東証一部上場)の元部長職にあった方
から色々とお話を伺う機会がありました。
いまではご自身で会社を構えながら、
その豊富な経験と多方面に渡るご人脈を請われて
別の会社でもご活躍されていらっしゃいます。

入社当時はまだ無名だった会社が、店頭公開、2部、
1部とステップアップする過程において、
表には語られることがない壮絶な物語もたいへん
興味深かったです。
また会社がバブルのあおりを受けつつも
成長し続けることができたヒミツも・・

建売住宅には一般的にボルトネジが使用されていますが、
工事が進むにしたがって、建物の自重でナットが緩んで
いくそうです。
そうなると地震等で倒壊の危険性が高まります。
まだ会社が小さかった頃、
お客様に引き渡した後の家々を何百棟とまわって
不具合などを調査していく過程で分かったそうですが、
その対処としてラチェットネジといって
逆回転防止機能がついたものを採用し、
その後の業界のスタンダードとなったそうです。

いまでは金具も更に進化していて、
例えば羽子板ボルトといって、木材が年月を経て
痩せてきても、それに合わせてボルトが木に
密着した状態を保つようにバネ仕掛けで出来たもの
もあるそうです。地震で揺れ動いても、
その弾性のおかげでネジが切れてしまわない点は
大きな安心ですよね。耐震対策は今後、もっともっと
関心を集めていくことと思います。

また住宅販売といえば、土地の仕入れも大切な仕事です。
例えば古い建物が建っていたら、なるべく更地渡しは
避けるのだそうです。というのも、安く上げるために
壊したガラが地中に埋められてしまうと、その土地は
あとで沈下してしまう恐れがあるので!とのこと。
ほかにも、傾斜地など一見安くても造成にとても手間と
費用がかかるなんて話はざらで、
それだけに見極めは難しいことが分かりました。

例えば盛土、よう壁を築いてそこに土を盛る過程では
何度も水をまきながらローラーで踏み固めることが
大切との話には大いに納得でした。しかし
造成を請け負った会社によっては、
しっかり監督しないと、そういった手間を
おろそかにしてしまうこともあるそうで、
彼が若かりし頃は、毎日現場に足を運んだそうです。

そんな土地は、よう壁から距離をとって
さらに杭を打つから大丈夫という展開もありますが、
残念なことに杭のピッチが広すぎたり、
支持杭が適当な場合でも摩擦杭による対応で
コスト優先がざらだという話も聞きました。

あるときはカナダから輸入住宅を何百棟分仕入れましたが、
気温や湿度によって大きく伸び縮みを繰り返す
無垢材を床に敷き詰めるにはあえて隙間をつくるなんて話は
日本ではなかなか受け入れてもらえず、
また想像以上に虫がわいてしまってしまったり、
片開きのサッシも受けが悪く、失敗に終わったそうです。

僕も本業ではベトナムからコンテナで家具を
持ってきた取引先がありましたが、
やはり虫が湧いて売り物にはならなかったことを
覚えています。風土の違いは思いのほか大きい影響が
ありますよね。下調べの重要性を
再認識させられました。

組織が大きくなるに連れて、細分化が進むので、
意思疎通によりいっそうの努力が求められると
いう話にもうなずけました。
彼もポジションがあがるに連れて、
調整役としての気苦労もあったご様子。
怒号が飛び交う場面は数知れず、関係各所
それぞれの熱意や思いを尊重しつつも
掛け違えたボタンを正していくということにも
尽力がいったことが伝わってきました。
「自分のやり方はもう古い」ともおっしゃって
いましたが、一時代を築かれた方の言に
重さを感じました。
------------------------------------------------------------------
※DVDを発売中!!の記事はどうぞこちらを御覧下さい。
※楽待で連載中、どうぞこちらを御覧下さい。
※4月のセミナー/イベントは21日、28日を予定しています。
 ご興味ある方、ご連絡お待ちしています。お問い合わせ
※ダイヤモンドZAi(2012年1月号)に掲載!
------------------------------------------------------------------
本屋では手に入らない「石原博光の不動産投資最新ノウハウ集」
------------------------------------------------------------------
少ない元手で、高利回り、高稼働、高安定を叩き出せ!!「RIGスゴい不動産投資」
------------------------------------------------------------------
980円で最新情報を入手「RIG音声サービスID」
------------------------------------------------------------------
不動産コンサルティング「RIGーPTS」
------------------------------------------------------------------
投資家の音声対談「RIGーCD」
------------------------------------------------------------------
物件検索楽待 @ホーム 連合隊 ホームズ クリスティ けんびや
------------------------------------------------------------------
サービスが◎なプロパン業者のご紹介はこちら
------------------------------------------------------------------
定期借家を極めるならこちらまで。】
------------------------------------------------------------------
【賃貸トラブルに強い弁護士のご紹介はこちらまで。】
------------------------------------------------------------------
【不動産投資本はこちらからどうぞ!!】
------------------------------------------------------------------
【潟rーアイ提供大好評!!物件現地調査ツアー
------------------------------------------------------------------
『天井裏に迷い鳥』

2階建てアパートのなぜか1階の天井裏に
野鳥が入り込んでしまうという出来事が
ありました。

これで鳥が入り込んでしまったのはなんと
3回目です。前回および前々回は床下の
換気口の鉄柵がはずれていたので、ここが
侵入経路と断定してしっかりと対策を施して
あっただけにショックでした。

入居者から管理会社経由で連絡が入りました。
これまでは大工さんを派遣して
壁など壊して、鳥を救出、また元に戻すといった
手間をかけていたのですが、費用も馬鹿になりません。
また折角のちいさな命も
弱りきってしまった結果、救うことも叶いませんでした。

しかし今回はどこも壊すことなく、
連絡をもらってからきっかり1時間後には
無事に鳥の救出にも成功しました。
その方法ですが、物件に程近いところにいる
知人にお願いして、天袋から
30センチほどの隙間しかない天井裏に
あがってもらい、ほふく前進しての
救出劇となりました。

天井といえば強度がしんぱいですが、
ちょうど梁の上を伝って進むことが出来たそうです。
しかし痩せている彼でも天井裏で方向転換は
難しかったそうで、
ホフク後進はさらに難しかったと言っていました。

そして気になる侵入経路ですが、
周囲を確認してもらったのですが、特定には
至りませんでした。
今度現地では入念に確認したいと思います。

banner2.gif


日々のモチベーションアップに、人気ブログランキングにご協力頂けるとうれしいです。


- to be continued -


posted by 恵比寿のI at 20:52 | 日記
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。